(左から右へ)平螺鈿背面鏡文様
金唐革べっ甲葡萄に蔦 パインストリーム

平螺鈿背円鏡文様

耀虹螺鈿®

孔雀貝や白蝶貝などを用いる螺鈿技法は中国から伝わったものです。平安時代には日本独自の技法が花開き、繊細優美な装飾品が数多く生まれました。

そんな螺鈿技法を織物に取り入れたのが、耀虹螺鈿®です。光の角度によって微妙に変化する神秘的な色彩は天然貝の発色を生かした螺鈿技法ならではの美しさ。

上品な色柄が中心なので、留袖や訪問着など格式高いきものにも、最高の着姿を演出します。