• 2014年9月17日

    2014年度 大賞受賞作品

       賞      『美しい妙薬』

     原田澄子 (滋賀県   七十八歳)  

     

     原田澄子さま

     


    )

     

     満開の桜、哲学の道は人であふれていた。私は入院中の義母を見舞っての帰りだった。手術後の徹夜の付きそい、連日の見舞い、それまでの自宅介護に、私の身心は疲れ切っていた。ふと、花見をしようと、思い立って、哲学の道へ、足を向けたのだった。

     道の途中のとある店に、素敵な綴れ帯が飾ってあった。黒地に正倉院文様の帯。金糸と金茶、青、白の文様が織り込まれ、美術品のように美しい。私は店に吸い込まれた。

     私の目は帯に釘付けだ。母の形見の無地紋付が、その帯の下に浮かんでくる。銀ねず色が帯にぴったりだ。母が喜寿のお祝いに作った着物。一回着ただけで旅立った。

     あの着物はこの帯を待っていたに違いない。今日、ここに足が自然に向かったのは、この帯に出逢うためだったのだ。

     私は義母の介護で神経をすり減らしていた。自分への励ましと、心の栄養が必要だった。美しいものに飢えていた。

     あまり長い間、帯に見とれているので、店の女主人が、「お支払いは、月々でも結構でございます」と言ってくれた。高価な衝動買いになる。私は迷った。

     美しい帯の誘惑に負けてしまった。私は、少々の前金で、その帯を買った。

     桐の箱に入った帯が届いた。夫は私に財布を預けてくれている。義母に私がもっと優しく接することができれば、最上の薬ではないか。自分に都合よく言い聞かせた。

     時々、帯を桐の箱から取り出して眺めた。織っている人の手の動きを想像した。気の遠くなるような精緻な作業の繰り返しから生まれた作品。それが私の身近にある喜び。

     長い自宅介護の後、義母を見送った。追いかけるようにして夫の介護が続いた。

     帯は美しい妙薬となり、折々に私の心を慰めてくれた。いま私は一人暮らしになった。

     帯は、心楽しいお祝いの席への、出番を待っている。

     

     

2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ