• 2012年7月13日

    2012年度 特選受賞作品 その4
    『出逢った着物と帯』
    小野 淳子さん(大分県)
    数年前、着物の大好きな叔母が亡くなる前に、似合うだろうからと、一枚の訪問着と、それに合わせた名古屋帯を、私に残して下さった。高価な物らしかったが、着物のことは何もわからない私は、単純に、その絵柄や色合いを、とても気に入りはしたものの、心は、正直せつなかった。
    でも、ちょうど、時を同じくして、友人の息子さんの結婚式に招待され、迷わず、その着物を着させてもらうことに決めた。ただ、結婚式なら、袋帯の方がいいな、と考えている時、たまたま、母から帯の話が舞い込み、あまりのタイミングの良さに、興味深く、その話を聞いた私は、大変驚くこととなった。

    実は、自分には、少し派手になって、例の叔母に、譲るつもりだった帯があるのだけれど、叔母には、もう締めてもらうことができなくなったから、私にどうかな、と思って、連絡してみたのだと言う。
    その帯を見せてもらった時の更なる驚きは、忘れることができない。
    何と、それは、私の大好きな、天竜寺の龍の天井画の作者である、加山又造画伯のデザインの袋帯だったのだ。もちろん、母は、私が加山又造画伯の絵が大好きなことなど知ろうはずもない。不思議な思いと共に、当然一目惚れしたその帯は、それだけではなく、叔母の形見の着物に合わせたかのような色合いで、私は、結婚式に、叔母の着物に、本来その手元に届くはずだった、母の帯を締めて、出席した。
    何だか、全ての成り行きが、不思議でならなかった。
    何かの計らいで、そのようになったのか、単なる偶然なのか、知る由もないのだけれど、私は、深い感謝と、温かい幸せな気持ちを、しみじみと味わうことができた。
    その着物と帯は、ずっと、温かい思い出と共に、私の、大切な宝物なのである。
2012年7月
« 7月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ