• 2011年7月8日

    2011年度 大賞受賞作品
    『母の愛情表現』
    坂井 和代(石川県)
    「苦しくない?苦しくない?」ある番組で成人式の振袖を母親が娘に着付けをする為に着付けの練習をするというものがあった。花の様に育った娘は母親よりも背が高い。汗だくになって着せる母親。一つ一つ着せるたびに聞く「どう苦しくない?」と。それだけなのに……。胸が一杯になった。
    母は生まれる前に父親が戦死。食べていく為に母親は里に母を預けて働いた。高校は遠く離れた場所にあり、十五才から一人暮らしをしていた。さみしい家庭に育った。そのせいか愛情表現がヘタだった。何気なく言われた言葉にも私はいつも傷付いて心から涙を流していた。傷付かない為に母といつも距離をおいていた。
    「成人式には、お母さんがあんたの振袖を着せるから。」と母。着付け教室に通い始めた。教室に行ってきた日は、忘れない為に練習を欠かさない。ノートには細やかな注意点がびっしりとある。練習用のマネキンを購入したが「やはり生の人間でないと。」と「ここに立って。」と始まる。向い合せに母と立つ。気がつかなかった。母の背がいつの間にか私より小さくなっている事を。 知らなかった白髪(しらが)が増えて頭のてっぺんが薄くなっていた事を。「ど う、苦しくない?思いっきりしめるよ。」と帯を結んだ時、母の力が弱い事を知った。ひんやりとした絹の振袖の着心地。習いたての帯結び。「いろんな結び方があるのね?」と聞くといろんな結び方をしてくれた。びっしりと書かれたノートから母の愛情が伝わってきた。マスターする為にきっと何度も、何度も教室で練習をしたのだろう。
    「お母さん、私の成人式の時は何を着るの?」と娘。今年の春に高校を卒業する。私が成人式の時に着た振袖を着せようと思っている。帯もそのまま使うつもりだ。着付け教室に通ってみようかと考えている。
2011年7月
« 7月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ