• 2010年7月9日

    2010年度 大賞受賞作品
    『母の丸帯』
    佐々木 恭子(神奈川県)
    「おばあちゃんの丸帯」が、五度目の出番を終えて戻ってきた。金色の地に鳳凰と鼓が浮き出た、ずっしりと重い華やかな帯だ。
    現在九十一歳の母が、二十歳の花嫁衣裳に誂えてもらった帯である。お嫁入りには、季節ごと、行事に合わせ、色とりどりの着物を箪笥一竿分、支度してもらったそうだ。
    昭和十六年春、両親は乳飲み子の私を連れて、父の転勤先である現在のソウル市へ赴任した。着物類も持参したのに、婚礼の一式だけは、母の実家に預けて行った。
    そして十二月には、太平洋戦争勃発。父も現地招集された。二十年八月に終戦。その年の秋に無事、親子三人で日本へ引き揚げてきた。もちろんリュック一つでの帰国である。
    母は戦後の生活が落ち着くと、好きだった着物や帯の夢を何度も見ると、私に話した。他の人に話せば、命があっただけでもありがたく思いなさいと言われるのは、分かりきっていた。二十代の母は、残念で悔しい思いを小学生の長女の私にだけ、こぼしたのだ。
    唯一助かったのが、実家に預けておいた婚礼衣装と丸帯である。引き取ってきて、宝物のように大事に仕舞っていた。その帯が役に立つ時がきた。私の結婚式である。お色直しの白地に花模様の振り袖に締めた。着付け師さんが「まぁ、なんて立派な帯だこと」と感嘆の声を上げてくださった。
    さらに妹の結婚式が三度目の出番。そしてそれから三十年経った三年前、私の娘の結婚式に四度目の出番を果たした。その折は、司会者が「おばあ様、お母様も締めた帯を締めての登場です」と紹介してくれた。
    そして昨年、弟の娘が引き振り袖に締めたのである。小柄な姪には帯がいちだんと華やかに映り、花嫁と帯は引き立て合っていた。
    七十一年前の丸帯は、五度も婚礼の花嫁を飾って、まだ輝きを失っていない。誂えてくれた亡き祖父母と、孫達の写真を飾って嬉しそうな母に、心からありがとうと言いたい。
2010年7月
« 7月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ