• 2009年7月10日

    2009年度 特選受賞作品 その1
    『帯合わせのひととき』
    浅岡亜紀子さん(茨城県)
    母より10センチ背の高い私は、母の着物がどれも合わない。そんな私のために、祖母は、母の着物から1枚見繕い、私に合うようにと丈を直してくれた。
    クリーム地にピンク、黄、水色の梅の花がふんわり咲いた春らしい袷。私はそれをとても気に入り、お正月はその着物で祖母に会いにいくことにした。
    さて、そうと決めたものの、合わせる帯が決まっていない。
    私は初心者ながら自分で帯を選ぼうと、母が昔付けていたという帯を箪笥から引っ張り出した。
    「着物から一色持ってきて…」と私が選んだのは、発色のよいピンク地に鞠の模様が等間隔に並んだモダンな名古屋帯。早速お太鼓に結んでみたものの、三十過ぎの私にはちょっとピンクがまぶしすぎ…!?
    そう考え込んでいるところへ母がひょっこり顔を出し、畳に並んだ帯を見て懐かしくなったのか、一緒に帯選びを始めた。
    「これ、合わせてみたら?」と母が差し出したのは、朱色地に金糸銀糸で草木の模様が織られた名古屋帯。上品で大人な雰囲気である。
    「この帯が合うの?」と、ピンとこないまま帯を付け替えてみた。
    鏡の前に立った私は、着物は同じなのに先程とはガラリと印象が違うことに驚き、そして、着物のやわらかい雰囲気を帯の朱色が引き締めて、全体が上手くまとまっていることに更に驚いた。
    「ほら、やっぱりいいわ」と満足げな母。
    それからしばらく、ふたりで帯の大試着会。組み合わせごとに変わる印象にハットしてみたり首を傾げたり、まるで着せ替え人形を楽しむかのように帯合せに夢中になっていた。
    私は何だか嬉しくてたまらなかった。嫁いで以来、母と他愛のない時間を過ごしたのも久々だったが、何より親子としてではなく、女性として同じ楽しみを共有できた気がしたからだ。
    娘に生まれて本当によかった。結局、私は母イチオシの帯で祖母の家に出向いた。
    祖母は「あら、間に合って良かったわ」と、自分が直した着物と、懐かしい帯をゆっくりと交互に眺めた。
    祖母の視線の先には、若い頃の母の姿も映っただろうか。
2009年7月
    7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ