• 2009年7月10日

    2009年度 大賞受賞作品
    『最後の晴れ姿』
    小澤恵(島根県)
    花嫁仕度を済ませ、両親に晴れ姿を見せようとした時だった。洋装のはずの母が留袖を着て立っている。えっ?しかも私の帯!
    「あらバレちゃった。だってこの帯、楽なんだもの。でも派手かしら?」
    「よく似合ってるよ。締め方で出る柄も色も変わるもんだね。」
    「そうでしょ。よかった。」
    ポンと帯を叩きながら、フフッといたずらっこのように笑う母が眩しかった。
    その帯は私の成人式の時にしつらえたものだ。もう一目惚れ。母と一緒に「せーの」で指を指す。着物に無知な私と着物が大好きな母。二人とも同じ帯を選んだのがおかしかった。松、菊、梅、鶴・・・おめでたい柄がびっしりと敷き詰められ、艶やかな金糸や色糸で刺繍されている。色づかいも華やかさも、今まで見てきた中でとびきりのもの。光の加減で七色に光る美しさはもちろん、柔らかく締めやすいのも魅力だった。成人式から友人・親戚の結婚式、パーティー・・・。いつもこの帯が側にいた。自分の部屋の箪笥に大切にしまっていたのに、母はいつの間に出したのだろう。不思議でならなかった。
    2年間入退院を繰り返していた母は、結婚式に合わせて退院してきた。これが最後の退院となることは暗黙の了解だった。結婚式の主役は花嫁の私ではなく、明らかに母だった。
    「本日はおめでとうございます。あら~お母さまの帯、素敵ですね。」
    「娘が成人式の時に締めた帯なんです。締め方で柄の出方が変わるから、私でも似合うでしょ。」
    さも自分の言葉のように話す母。確かに帯は母ならではの着こなしで、輝きを増していた。
    「洋装だと痩せているのがわかってイヤだから、やっぱり着物にするって。あんたの帯をしめたいと言ってね。」
    後日、伯母が教えてくれた。結婚式から2ヶ月後、母は旅立った。遺影は結婚式の時のもの。あの帯を締め、穏やかに微笑んでいる。いい写真だ。そして私は時折、帯を取り出しては、屈託のない笑顔で、誇らし気に帯を語る母を思い出している。
2009年7月
    7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ