• 2010年7月9日

    2010年度 特選受賞作品 その2
    『花台(はなだい)の帯』
    池田 智子さん(神奈川県)
    「まあ! きれい!」
    昨年の春。焼津の宿で私の目にとび込んできたのは大壺にどっさりと活けられた山吹の花だ。黄金色の小さな花がつらなって咲くたくさんの枝がかろやかに広がり、生命(いのち)がほとばしるようなエネルギーに溢れていた。
    「朝、裏の山で採ってきましたの」
    和服が似合う女将(おかみ)がほほ笑んだ。私は山吹の花の前に立った。磨きぬかれた床に黄金色のシャワーが映っている。花に見とれていた私はふっと花台からはみ出て敷かれた細長い織物に視線を落とした。淡いピンク地に藍色の雲が流れ、紅の花が舞っている絵柄だ。よく見ると帯のようだった。
    「女将さん、この敷物は帯かしら?」
    すると、女将が織物の端を指先でそっとめくって見せた。
    「ええ。普段づかいの帯です。こんなになってしまいました」
    帯の裏側はすりきれて、芯地が見え隠れしている。
    「よく使いこんだ帯ですね」
    「これは曾祖母から祖母へ、祖母から母へ。そして母から私へと伝わった帯です。八十年以上になるかしら。とっても締めやすくて、どんな着物にもピタッとくるんです。でも、これでは使えません。だから、と、いって可哀想で捨てることもできずに箪笥にしまったままでした。花台の敷き物に何かないかと探しているとき、この帯を敷いてみました。どうですか?いい雰囲気でしょ。帯が花や壺を引きたて、ロビーの空気まで落ち着かせています。着物に締めたときと同じ役割りをしてくれる……そう思っています」
    宿で過ごす間に私は何度となく山吹の花の前を通った。入浴のとき、食事処へ向かうとき、海辺への散歩で出入りするとき。そのたびに足をとめた。花台に敷かれた帯には四人の女将の帯への愛着と物を大切にする姿勢が感じられた。和服に締められる本来の目的とは遠いところでも帯はしっかりと輝いていた。宿の四代・八十年の歴史と共に女将に愛された帯はこれからも宿を守る人と訪れる人のそばで生きていくことだろう。
  • 2010年7月9日

    2010年度 特選受賞作品 その3
    『ルリハコベの帯』
    沖田 美央さん(大阪府)
    誰もが特別な思いを秘めているであろう 「初めての帯」、それが、私にとっては〈ルリハコベの帯〉である。
    箪笥から畳紙をそっと取り出すと、凛とした気持ちになる。洋服をクローゼットから取り出す時には感じられない気分だ。紐を解いて、帯一面に咲いた花を目にすると、初めて出会った時の感動が鮮やかによみがえる。
    「スカーフみたい!」というのが、第一印象だった。濃紺地にマーガレットを思わせる白い花が咲き、細い葉は、美しいグラデーションを描いている。その隙間を埋めるように、ピンク色の小さな花(ルリハコベ)が顔を向けているのだ。
    聞けば、イギリスの詩人でデザイナーでもあるウィリアム・モリスのデザインがモチーフとの事。「和」を感じる帯が並ぶ中で、ヨーロッパの雰囲気を併せ持つ帯は、私の目に、どうしようもなく魅力的に映った。
    また、帯が出来上がるまでの工程は、初めて見聞きすることばかりで、驚きの連続であった。養蚕業の方の仕事ぶりは、まるで子育てをしているように愛情深く、長い歴史の中で構築されてきた染色や織りの技術の高さには感心するばかりだ。
    一本の帯は、それらを伝承されている職人の方々の手によって、ようやく完成した「世界にただ一つの作品」なのだ。
    私は、勢いよく清水の舞台から飛び降りて、〈ルリハコベの帯〉を手に入れることにした。
    自分の手元に届けられるまでに、どれくらいの時間や人の手を介してきたのだろう。きっと愛情がたっぷり込められているのだ。・・・思いを巡らせると、とても豊かな気持ちに包まれる。手に感じる絹の重みからは、職人の方々の誇りや想いが伝わってくるようだ。
    「ありがとう。大切にします。」これからも、心を添えて帯を締めよう。
  • 2010年7月9日

    2010年度 特選受賞作品 その4
    『逆さの帯』
    喜多田 純子さん(東京都)
    「いいかげん、やらなきゃね」
    母の一言で始まった、祖母の遺品整理。
    雪が深々と降るあの日から、もう二十年近い歳月が経っていた。
    薄くホコリを被ったブリキの箱から出てきたのは、桧皮色の古い帯。仲良く遊ぶ刺繍の小鳥が、なんとも微笑ましい。
    小柄でかわいい祖母のイメージにぴったりだった。
    私はひと目で心奪われいつものようにお太鼓を結ぶ。
    すると、柄が逆さまになってしまった。戸惑う私に「引き抜き帯なの、それ。私もよく分からなくって」と、母。
    調べると引き抜き帯は昔の結び方で柄が合う、ということが分かった。いろいろ参考にしながら挑戦してみるも、どうもきれいに結べない。知己の悉皆屋さんに相談すると「使いやすく仕立て直すのはいかがでしょう?しまっておくよ り愛用された方が、お祖母様も喜ぶのでは」というアドバイスを頂いた。
    諸々お願いし、待つこと約一ヶ月。
    仕立て上がった帯と共に、一通の便箋が届いた。表書きには〈帯の中に〉の走り書き。封を開けてみると、古い油紙に包まれた手紙が一枚入っている。帯を開いた際に発見されたものらしい。手紙を開くと、
    「必ず帰ります。心のみとなろうとも」
    戦時中のものだろうか、ところどころ破れてしまっている。文字は乱れ、お世辞にも美しいとは言いがたい。でもその短い一言に、手紙の主の心すべてが詰まっているように感じた。
    “魂になったとしても、必ずあなたのもとに帰ります”
    祖母は今で言うシングル・マザーだった。
    その人生には、さまざまな葛藤が重くのしかかったことだろう。
    私は晩年の祖母しか知らない。
    優しく微笑む祖母しか知らない。
    あの笑顔の過去には、こんなにも強い思いを、激しい慕情を交わす相手がいたのか。
    祖母は手紙を帯に秘めて想いを貫き、母、そして私へと命を繋いでくれたのだ。
    そう思った瞬間、涙が溢れた。
    母も泣いていた。
    手紙は母の手で、祖母の遺影におさめられた。
    「はい、ラブレター」
    帯の小鳥が、チュンと鳴いたように聞こえた。
  • 2010年7月9日

    2010年度 特選受賞作品 その5
    『南に思いを』
    小倉 マリ子さん(東京都)
    黒にピンク、深紅に青、そしてレンガ色にベージュ・・・。組み合わせはいずれも艶やかで金糸がからめてある。この絹地はどれもカンボジアからのものである。私はこの布に魅せられ、友に依頼して帯に仕上げてもらった。幾何学模様と花柄が絶妙な広がりでモダンに散りばめられている。
    遠い異境の国の女性たちが織り、刺した布は、どんな生活の中でどんな人達が作ったものだろうと興味が湧き、想像がふくらむ。異国独特の風情を漂わせる。
    時代を逆上れば第二次世界大戦中、もしかしたら戦場と化していた土地かもしれない。私の叔父達も出征し、うち一人は「石」となって祖母の元に帰って来た。この布を通して忘れていた記憶をたどる機会にもなった。何か深い縁とつながりを感じ、不思議となつかしさがこみ上げる。
    趣味の茶道で帯を締める機会の多い私は、この帯が気に入りよくしめる。友達から珍しがられ評判がよい。着物との相性も大変いいのである。形や締め方は異なるけれど洋を問わず「帯」は世界中で使われているように思う。腰に締めると気持ちまでしゃきっとして心改まる。私の帯は、洋服のそれでは味わうことのできない心地よい緊張感すら与えてくれる。
    茶会に参加する時は、努めて着物で、と考え実行している。茶事では、ゆうに三〜四時間はたたみの上で立ったり座ったり
    して楽しい時を過ごす。そんな時に帯は体を支え、姿勢を保ってくれるのである。まるで腰痛向けベルトのように。
    役割を終えた帯たちは、手提げや巾着にして現役である。和服にも洋服にも合い、適度な高級感すら持つ。オンリーワンの宝である。これからも帯のすばらしさを求め続けていきたいと願っている。

帯にまつわるエッセイ大賞とは