まいづるブログ

  • 2018年3月15日

    平成三十年度 大豪華展にご来場賜りました皆様へ。

    平成三十年度 大豪華展に御来場賜りました皆様へ

     

    謹啓

     

    桜花の候、貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

    過日、西陣織会館五階にて執り行いました             私こと舞鶴政之の

    社長就任展 平成三十年度 大豪華展にご来場賜りましたこと厚く御礼申し上げます。

    三月一三日、一四日の会期ともお忙しい中、御足を運んで頂いた多くの方々に支えて頂き、

    無事に会期を終えることが出来ましたこと、ご報告申し上げますと共に重ねて御礼申し上げます。

    商況の方はニーズの変化、内需減と相まって、未だかつて誰もが経験をしたことがないような

    大きな荒波うねる様な激しく、厳しい様相を呈しております。

     しかし、そんな商況の中で時代を超越した紛れもない不変の商いの原点が御座います。

    それは私共、作り手であるメーカーの使命である「お客様の心に響くものづくり。」

    これこそが弊社が今後、生き残る唯一の商いにおける営みでもあります。

    西陣産地に於きましては、織手さん、職人さんの高齢化、後継者不在という問題が時間の経過に

    比例して、こと深刻な問題となっております。

    織屋の技術とは言うものの肝心の技術は織手さん、職人さんが有しているため、

    織手さん、職人さんの後継者が居ないとなれば、メーカーは技術の喪失という危機的状況に

    直面することになります。この技術の喪失は織屋であるメーカーにとっては「ものづくり」が

    できなくなることに直結し、織屋が存在意義を失うことになりかねません。

    西陣まいづるでは、これらの問題に対し、五つの約束を実現することで「ものづくり」の継続、

    事業の継続を図り、この状況に対応して参りたいと考えております。

     

    一、織手さん、職人さん、社員が心身の健康を持続して働ける会社にします。

    二、織手さん、職人さん、社員の努力がより反映される会社にします。

    三、お客様の心に響く「ものづくり」をします。

    四、お取引先様に御贔屓賜れる「ものづくり」をします。

    五、西陣まいづるを魅力ある会社に、西陣を魅力ある産地にします。

     

    また、上記五つの約束は舞鶴政之の使命であると痛感して居る次第でございます。

     

    本来であれば、お伺いしたうえでお礼申し上げるところ、甚だ略儀ではございますが、

    書中をもって御礼申し上げます。

     私自身、若輩の未熟者ではございますが、今後ともご指導、ご鞭撻賜りますよう、

    何卒よろしくお願い申し上げます。

     

    謹白

     

                                株式会社 西陣まいづる

                             代表取締役社長 舞鶴 政之

     

2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ