アーカイブ

2016年1月

  • 2016年1月30日

    季節先取り。

    年が開け、真冬らしい寒波が来たる中、

    如何お過ごしでしょうか?

    そんな寒中ではありますが、

    西陣の季節先取り商品をご紹介させて頂きます。

    その商品こそは夏物。

    寒い真冬に夏物なんて!

    と思われるかもしれませんが、

    西陣では冬場のうちに夏物の受注を頂くのが

    毎年の恒例行事となっており、

    冬場に頂いた受注分を実需期までに織り上げていきます。

    夏物は秋物と違い、透け感のある生地が特徴です。

    その透け感は「綟り(もじり)」という

    技法によって作り出されます。

    秋物の機と違い夏物の機には「ふるえ」という

    仕掛けがあり、「ふるえ」によって「綟り(もじり)」を

    織ることが可能になります。

    しかし、昨今、織手さんの高齢化、後継者不足により

    夏物を作れるメーカーが激減しているのが現状です。

    これは西陣だけでなく他産地でも同様のことが言えます。

    こちらは本袋の間に引箔を引き紗で織り上げた夏袋帯。

    紗の目から差す箔の色が独特の色目を引き出します。

    IMG_6273

    そして、こちらは絽で織り上げた夏袋帯。IMG_6267

    まだまだ寒さが続きますが、

    西陣では既に夏物の商売が始まっています。

     

     

  • 2016年1月6日

    ○○が、去る(サル)!

    新年あけましておめでとうございます。

    2015年も皆様にとって素敵な一年でありますよう

    心より願っております。

    さて、この年末年始で色々なイベントが多い時期ですから

    きっと着物を着た方も

    たくさん居られるのではないでしょうか。

    着物の柄や色には様々な縁起の良い意味が

    込められているので

    節目、節目で身につけると、厄払いにもなり、

    身を守るとも言われています。

    今年の干支は申年ですから、

    かわいらしいおサルさんの柄をあしらった

    帯や着物や小物を身につけられる方も

    多いと思います。

    申には、その音節から「悪いものが去る」との

    意味合いがあると言われ、古来から

    魔よけの力を持つ大変縁起の良い動物と

    されてきました。

    京都では、御所の鬼門である猿が辻や

    北東の鬼門に位置する赤山禅院などには猿が居り、

    邪気を追い払ってくれていると言われています。

    また猿は、実は安産の縁起物として

    犬と同じように扱われるそうです。

     

    あたらしい年に帯をキュっと結んで、

    キリリとした着物姿に身を包み

    ぜひたくさんの福を招き入れましょう!

2016年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ