アーカイブ

2012年7月

  • 2012年7月13日

    2012年度 大賞受賞作品

    『胸の下で結ぶ「ふくら雀」』

    紫藤 幹子(石川県)
    淡い藤色の中振袖に、金糸銀糸で蝶の刺繍がほどこされた光沢のある白地の帯。髪もきれいに結い上げて、普段はあまりしないお化粧もこの日はほんのり。ピンク系の口紅がかわいい。
    五年くらい前になるだろうか。当時借りていた集合住宅のオーナーの娘さんが、この日成人式を迎えた。朝から着付けや髪を整えるのに何人もの人が出入りしている。
    そしてようやく支度が終わり、この集合住宅のホールで記念撮影をすることになったのである。カメラマンは管理人の伝さん。写真の腕前はプロ並みで、バックに布を吊るしたり、傘のような道具を使って光の量を調整したりと本格的だ。家族や近所の人たちが見守るなか、オーナーの娘さんはちょっと緊張ぎみ。着物の裾や袖をなおしてもらって、少しはにかんでいる。「モデルさんみたいだ」と誰かがいった。
    胸の下で結んだ帯は「ふくら雀」。
    そう、彼女は帯を後ろではなく前で結んでいるのだ。車椅子に乗っているため、帯を後で結ぶと背もたれにじゃまになるのである。
    前で結んだ「ふくら雀」は新鮮で、華やかでとても素敵だ。それに何か堂々としている。前向きで明るい彼女によく似合う着付け方だ。
    フラッシュがたかれ、一枚二枚。カメラマンの伝さんは渾身のベストショットを狙うべくシャッターチャンスをさがしている。なかなか笑わない「モデルさん」の表情をやわらげようと冗談をいったりする。
    そして何発目かのギャグでついに「モデルさん」が笑った。花のような笑顔。伝さんはすかさずシャッターを切る。最高の一枚をものにして、敏腕カメラマンは満足げだ。
    花のような笑顔は見守るギャラリーにも波及する。
    「成人おめでとう!」
    誰からともなく拍手がおこった。
    女性らしく匂うようにふくらんだ胸の下で「ふくら雀」に結ばれた白地の帯は、窓から射す冬の弱い陽射しをやわらかくはねかえして、誇らしげにやさしい光を放っていた。
  • 2012年7月13日

    2012年度 優秀賞受賞作品
    『螺鈿の帯』
    古見 悦子(東京都)
    誰でも、何度か衝動買いの経験がある。見た瞬間、欲望を抑えきれずに買う行動だが、それとは別に、自分の内奥に潜む思いが買わせる衝動買いもある。螺鈿の帯がそうだった。
    ある年の一月、新宿のデパートで『新春きもの大市』が開催されていたので出かけた。その日は北風が強かった。
    催事場に入るや、店員がすぐに付いて、あれこれ勧めてくれる。でも今日は買うつもりはないので、適当に相槌を打ち、見て廻っていると、一本、目に留まった帯があった。銀白地に花菱の螺鈿が並んだ帯だ。螺鈿は知っていたが、帯を見るのは初めてだった。「職人の手間と技術を駆使して・・。」と説明する店員の言葉に頷ける芸術品だ。しかも品がある。だが値段を聞いて怯んだ。とても私が買える帯ではない。分不相応な帯だった。
    が、私は買ったのだ。衝動買いで!誠に不思議だが、その時、姉弟子の声がしたのだ。そして、グッと私の背を押したのだ。
    その声とは―。「退職したら買えないよ」「働いているうちが華だよ」というものだ。
    話は前日に遡る。初釜で茶事が終わり、社中の人と「衣類の断捨離」について雑談していた時、以前から実行している私が、「五年位で買い替えるべきよ」と言ったのが発端だった。七十代の姉弟子たちからブーイングが起こり、「あなたはまだ働いているからよ」と総攻撃を受けたのだ。私は定年を控え、その後の生活を模索していた時期だったので、退職後の現実を知ると共に、この言葉が心の奥に強く残ったのである。それが翌日の衝動買いへと繋がったのだった。
    人と物との出会いは、衝動買いのような一見偶然の出会いも、実は必然性があるように思えてならない。この螺鈿の帯も、けっして偶然ではなく、三十九年間働いたご褒美として、出会う運命にあったのだと、今は思う。そうであるならば、この螺鈿の帯を手本に凛として、品良く、残りの人生を歩みたい。
  • 2012年7月13日

    2012年度 特選受賞作品 その1
    『桜と蝶』
    青木 茂(神奈川県)
    2000年の5月、私は会社の研修で十日間ほどニューヨークに出張していた。
    研修最終日の午後に、インストラクターのアレンからブルックリン植物園で開催されている桜祭りに誘われた。サヨナラランチをそこで食べようとアレンが提案してきたのだ。正直なところ連日の研修で疲れ切っていた私は、早くホテルに帰って、ひとりでゆっくりくつろぎたかった。だが折角の誘いを無下に 断ることもできない気弱な私は、泣く泣くアレンの車の助手席に乗って桜祭りに向った。
    ブルックリン植物園に到着した我々二人は車から降り入園した。日本庭園に着いた私は目の前の光景に目を奪われた。そこは昔、修学旅行で訪れた京都の寺社で見たような日本情緒あふれる建築様式や大きな池などの自然物で構成された芸術とも呼べる庭園だった。
    アレンと私は咲き誇る満開の桜並木を歩き、大きな池端にあった東屋のベンチに腰を落ち着けた。軽食をそこで摂るつもりだった。
    奥から着物を着た黒人のウェートレスが日本茶を運んできた。アレンが 「オー、ビューティフル」という歎声を上げた。私も彼女を見て驚きと共にあ る種の感動を覚えた。スカイブルーの地に鮮やかなオレンジ色の夕陽が左半身に柄入れされた着物。桜色に染め上げた帯には金色と銀色の大小の蝶の群れが飛び交っているという何とも奇抜な、日本でもお目にかかったことがない異彩を放つデザインだった。ただその着物と帯は彼女にとても良く似合っていた。輝く黒い肌と褐色の瞳がその着物と帯の柄を際立たせていた。帯の中から金と銀の蝶が今にも飛び出してきて青空に舞い上がっていくような躍動感があった。私が感動した原因は、着物も帯も日本人のものという枠を超えて、すでにそれぞれの国の特色を取り入れた文化に発展進化している姿を目の当たりにしたからだった。
  • 2012年7月13日

    2012年度 特選受賞作品 その2
    『化け帯』
    岡本 有未さん(岡山県)
    十二年前のクリスマス、私は藍染の浴衣と半幅帯をスーツケースに忍ばせて、ガラパゴス諸島へと向かった。
    日本を出てから2日後、ようやく南米エクアドル領ガラパゴス諸島に到着。ここから4泊5日のクルーズに参加する。100人以上は乗船できる大型船に乗船し、ガラパゴスにしか存在しない固有種の動植物を観察したり海で泳ぎながら諸島巡りをするのだ。
    ほば満員の乗客中、日本人は私を含めて2人だけだった。日本人から見ると秘境の地だけれど、欧米人からは日本でのハワイのような場所らしく家族連れも多い。船内設備も整っていて、不便さは感じなかった。
    ただ唯一頭を悩ませたのが、ディナーでの衣装だった。船では毎夜フルコースディナーが供される。ここでは日中着ているようなTシャツ短パンは禁止。でも全行程9日間の旅行では、荷物は極力減らさなくてはいけないから、ドレスを何枚も持参は出来ない。悩んだ末に私は、藍染の浴衣と半幅帯を持っていくことにした。
    ここで大活躍してくれたのが帯だった。たった1本の帯が化ける化ける。ある日は無地、翌日は反対の面で柄を見せ、その次の日は斜めに折って両面を見 せたりと、一つの帯が様々な模様を作り出す。
    柔らかく結びやすい西陣織の帯は、文庫でも貝の口でも、どんな結び方も美しく決まるので、毎日結び方も変えた。さらに飾り紐を垂らしたり、3分紐を締めて帯留めを飾れば、華やかなパーティー衣装に早変わり。
    これは乗船している欧米人からも大好評で、「エクセレント」とか「◯△…」(お褒めの言葉と思われる)などなど、賞賛の声をいただいた。着物姿を見たことのある欧米人は多くとも、たった一枚の布が様々に姿形を変え ることは新鮮な驚きだったようで、帯の結び方をわざわざキャビンに聞きにくる人もいた。おかげで欧米人とも仲良くなり、とても充実した楽しい旅行になった。
    この体験は、私に着物文化の素晴らしさを教えてくれた。日本人に生まれたことに誇りを持ちつつ、これからも海外に行くときには積極的に和服を身にまといたいと思う。
2012年7月
« 7月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ